カラバオ・ママのホウキができるまで

 

1.穂の材料はタイガーグラスと呼ばれているススキのような草です。

どこにでも生え、種を集めて蒔いただけでどんどん育ち、栽培も簡単です。

 

 

 

 

2.タイガーグラスの収穫は13

お日様のもとで乾燥させます。

 

3.ホウキの穂のためにタイガーグラスを束ねて留めます。

4、柄の部分に芯になる木の棒を入れてラタンでしっかり編みこんでいきます。

 

56つに分けた穂の部分もラタンでていねいに編みこみます。

6.最後にアバカ(マニラ麻)のロープを付けてフックにかけられるようにします。

 

※アバカはバナナの一種。繊維を採って手で縒ってでロープを作ります

こんなシンプルな道具を使って見事な手さばきで作ってしまいます。

 

 

カラバオ・ママのホウキ、できあがり〜!!